【おすすめ漫画シリーズ①】『ワンパンマン』を紹介します!

漫画

みなさん、こんにちは!本日2回目の更新です!

今回は僕が大好きな漫画『ワンパンマン』を紹介したいと思います。

いきなりなんで?とお思いの方もいるかもしれませんが、本ブログは雑記ブログです!

基本的には皆さんに役立つような情報を発信していくことを意識していますが、
僕の趣味や好きな物を布教…いや、発信するのもアリかなと思い書くことにしました!

そこで、【おすすめ漫画シリーズ】と題して、不定期で好きな漫画を好き勝手語っていこうかと思います!

では、いってみましょう!

『ワンパンマン』とは? ※ネタバレ無し

まず『ワンパンマン』の魅力を語る前に、
ざっくりと作者やストーリーについてまとめていきます。

『ワンパンマン』の作者

実は『ワンパンマン』は原作と漫画の作者が違います。

原作は、「ONE」さんという人が手掛けており、
これを漫画版として手掛けているのが「村田雄介」さんです。

村田さんは『アイシールド21』の作画を担当されていることでも有名ですよね!

ちなみに、本記事では漫画版『ワンパンマン』について語りたいと思います。

『ワンパンマン』のストーリー

『ワンパンマン』の世界では、人間社会に悪影響を与える怪人が日常的に発生します。

この怪人にはどの程度人間社会に影響を及ぼすかという基準を元に、
狼、虎、鬼、竜、神の5段階で災害レベルが割り振られています。

竜や神ともなると人類を滅ぼすほどの影響力があります。

この怪人に対抗する手段として、人間側にはヒーローがいます。
ヒーローは一定の基準を満たせば誰でもなることでき、職業の1つになっています。

また、ヒーローにはヒーローランクが割り振られており、
C、B、A、Sという順で段階的に強さが上がっていきます。

『ワンパンマン』の主人公である「サイタマ」もヒーローの1人で、
基本的には「とんでもなく強い怪人が登場→サイタマが倒す」という流れです。

ちなみに『ワンパンマン』という名前の由来は、
どんな怪人でも「サイタマ」がワンパンチで倒してしまうことから来ています!

『ワンパンマン』の魅力とは?

『ワンパンマン』の魅力は下記の通りです!

  • 「王道」だけど「邪道」
  • 圧倒的な画力

1つずつ見ていきましょう!

「王道」だけど「邪道」

上述したように、ストーリーは基本的に
「怪人が登場して、主人公であるサイタマが倒す」という流れで進みます。

これはいわゆる王道漫画と全く同じ流れだと思いますが、
主人公であるサイタマがパンチ一発で敵を倒すところが邪道です!

王道漫画の場合、
敵に苦戦するという状況があり、それを仲間の助け等で打開して、
最終的に主人公がボロボロになりながらも何とか敵を倒すという流れかと思います!

『ワンパンマン』は上述した通り全く展開が違います。

主人公のサイタマは1話目の時点で既に圧倒的な強さを誇っており、
Sランクヒーローが苦戦するほどの敵であっても一瞬で倒してしまいます!

あっけなくて物足りないように思うかもしれませんが、
サイタマの圧倒的な強さがとても爽快感を感じさせてくれます!
そしていつになったらサイタマが苦戦するのかというワクワク感もあります!

これが『ワンパンマン』の魅力の1つになっています!

圧倒的な画力

上述した通り、
漫画版『ワンパンマン』は村田雄介さんが作画を担当しているので、
とんでもなく画力が高く、個々のキャラクターの魅力を引き出しています!

ヒーローや怪人には様々な能力や様々な容姿を持ったキャラクターが豊富にいます。

能力の凄さや、キャラクターの容姿のカッコ良さや美しさが存分に表現されており、
ストーリー抜きにして画力だけでも見ている人をワクワクさせてくれます!

個人的には、ロボット等の細かい作画が必要なものほど、
細部までこだわって描かれているので見ていて本当にテンションが上がります!

まとめ:漫画『ワンパンマン』を紹介します!

いかがだったでしょうか?

ただただ好きな漫画を紹介しただけですが、
個人的にはかなり満足しています!(自己満足です。笑)

まだまだ魅力を伝えきれていないですが、
ぜひ皆さんに実際に読んでいただくことで魅力を感じてほしいです!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました