【使用レビューあり】 「ホエイプロテイン アイソレート(WPI)」 とは?

筋トレ
ワニ
ワニ

肌感覚ですが、最近はがっつり運動している人以外でも健康を意識してプロテインを飲んでいる人が増えたような気がします。

様々あるプロテインの中でもメジャーなのがホエイプロテインですが、このホエイプロテインにも「コンセントレート」と「アイソレート」があることをご存知でしょうか?

一般的によく飲まれているのが「コンセントレート」で、少しマイナーなのが「アイソレート」です。

今回はホエイプロテイン「アイソレート」について、全然知らないorなんとなく聞いたことはあるけど良く分からないという人向けにまとめていきたいと思います。

では、いってみましょう!

「コンセントレート」と「アイソレート」の違い

2つの一番の違いは製造方法です。

そして、製造方法の違いによってプロテインに含まれる「タンパク質含有量」「乳糖含有量」に違いが出てきます。

タンパク質含有量については、「コンセントレート」が約80%「アイソレート」が約90%となっています。これは100gのプロテインパウダーを摂取したときに、どのくらいタンパク質が含まれているかを意味しています。

また、乳糖含有量についてはアイソレート」が大幅に低い数値になっています。

「アイソレート」のメリット・デメリット

「アイソレート」のメリットは下記の通りです。

  • (コンセントレートに比べ)タンパク質が多い
  • (コンセントレートに比べ)炭水化物が少ない
  • (コンセントレートに比べ)脂質が少ない
  • 乳糖不耐性の人でも飲みやすい

上述した通り「アイソレート」は製造方法が違います。「アイソレート」の製造方法では、タンパク質から炭水化物と脂質を分離できるので、結果的にタンパク質の含有量が増え、炭水化物と脂質の含有量が少なくなります。

具体期な成分の違いは下記の通りです。

また、乳糖の含有量も少なくなるため、乳糖不耐性という牛乳を飲んだ時にお腹がゴロゴロする傾向がある人でも飲みやすくなっています。

実は僕も乳糖不耐性なので、牛乳を飲むとお腹が緩くなりがちです。。

「アイソレート」のデメリットは下記の通りです。

  • (コンセントレートに比べ)価格が高い

本日(8/12)時点で、マイプロテインのHPを見てみると、容量1kgの場合で700円ほど「アイソレート」が高くなっています。



「アイソレート」が向いている人

「アイソレート」が向いている人は下記の通りです。

  • 乳糖不耐性の人
  • ダイエットを行っている人

乳糖不耐性で「コンセントレート」だとお腹がゴロゴロしてしまうという人は、間違いなく「アイソレート」が良いと思います。

また、ダイエットをしていて厳しくカロリー管理を行っている人も「アイソレート」をおすすめします。上の図にある通り、「コンセントレート」も決して脂質が多いわけではありませんが、「アイソレート」と比べると19倍の差があります。

脂質をかなり抑えている人や、プロテインを飲む頻度が多い人は「アイソレート」にした方がいいでしょう。

「アイソレート」を飲んでみた感想

約1ヵ月間マイプロテインの「Impact ホエイ プロテイン アイソレート」を試してみました。これは、同じくマイプロテインのImpact ホエイ プロテイン」との比較しての感想になります。

結論から言うと、「アイソレート」にしてとても良かったです!

「アイソレート」にしてから明らかにお腹がゴロゴロする感じがなくなりました。また、「アイソレート」の特徴なのかは分かりませんが、明らかにコンセントレート」と比べて水に溶けやすいので非常に飲みやすいです。

マイプロテインのプロテインは水に溶けにくいな。。。

という印象があったので、これは嬉しい誤算でした!

マイプロテインで1000円割引を受ける方法

マイプロテインでは初回購入時に1000円OFFになる「友達紹介コード」というものがあります。

購入時に僕の下記コード使用してもらえれば1000円OFFで購入できますので、良ければお使いください!僕も次回購入時に1000円OFFになるのでぜひ笑

YUTA-RDC
また、こちらの紹介リンクをクリックすると、コピペで入力しなくてもコードが入力された状態になるので便利です!

まとめ:ホエイプロテイン アイソレート(WPI) とは?

今回はホエイプロテインアイソレート の良さを紹介するような形になりましたが、決してホエイプロテイン の品質が低いというわけではなありません。

読者の皆さんが「プロテインに何を求めるか」で、どちらを購入するか決まってくると思うので、ホエイプロテインを購入する際はご自身が求めることを整理した上で、購入するのがいいかと思います。

その時にこの記事を再度読んでいただければ嬉しいです。

では、また!



コメント

タイトルとURLをコピーしました